*

止水プラグの下水道カメラ

止水プラグの下水道カメラ

耐震改修方法下水管やマンホルの浮上・沈下の要因となる「液状化」を防止するため、下水管止水プラグの下水道カメラについては3つの埋戻し対策工法があります。埋戻し土の締固め埋戻し上を締固め度90%以上(最も締固まる最適含水比における最大乾燥密度の90%)に締固めを行います。

「水道配管用ポリエチレン管」があり、軽量で、柔軟性のあることから、震災地での迅速な復旧では威力を発揮します。かつて使用された「石綿セメント管」はまだ2%を占めており、随時撤去しています。

空気注入ホスのバルブが閉じている。止水プラグをフットポンプに接続します。

職場における者の安全と健康を確保するとともに快適な職場の形成を促進することを目的とする。職場職場危険防止危険防止、安全管理安全管理責任体制責任体制、自主的活動衛生衛生自主的活動です。

ヒューム管改築判定基準の見直しヒューム管の場合陶管に比べ劣化進行が遅いことから管理数も長く設定しました。また非破壊検査のひとつである。衝撃弾性波検査を実施し既存管の耐荷力計測と実体掘出しによる。